忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旋さんに誘われて訪れたゴーストタウン。
祭り気分が抜けないまま気軽な気持ちで踏み入れた先で、確かに私は彼を傷つけたのだろう。

私はその居心地の良さに、気を弛め過ぎていたのかも知れない・・・。

PR

学校祭当日、光庭ではお茶と簡単な音楽を用意することになっていた。
伴奏の当てのない私は、本格的になりすぎる事を嫌って独りで歌うことを断念し、フルートでのソロを考えていた。
そこに旋さんから渕埼さんと3人で組む話を持ちかけられ、唐突にセッションをすることになったのは数日前の事。

その日のうちにCDを借りて、曲をアレンジした。
渕埼さんがギターを爪弾く様子を、想像して。
彼はどんな音でこのメロディを奏でてくれるのだろうかと、ただそれだけを・・・。

先日初めての依頼に参加してまいりました。

依頼内容を聞いて、反射的に参加する事を決めたこの依頼。
挙式直前に事故で死んでしまった彼女。
愛しい人を喰らい白い衣装に身を包みながら、夢に縋る彼女。
・・・硝子を浴びて、虚空に腕を伸ばす彼女。


あれは、私・・・?

>>花嫁衣裳と甘い口付け

この学校に来たのは律の影を追ってのことだったけれど、今では間違っていなかったと思っている。
あの時の光が律の白燐蟲だった事を知り、律がどのような世界にいたのかを垣間見ることができるようになったから・・・。
弔事は滞りなく進み、骨だけになった律を納めようとした時だった。
思ったよりも軽くなった律の眼孔と目が合った、と同時に反射した太陽光が目に入った。
きらりと煌めいた光で目の奥に痛みを感じたけれど、まだ手伝うことは山と残っている。
私はそのまま一日過ごし、漸く眠りについたのは夜中だった。
夏の日。
ぬける様な青い空。焼けたアスファルトの匂い。
指輪の感触。はにかんだ笑顔。
忘れることのできない記憶---。
学校での練習の帰り道、いつものように公園を抜けようとした時の事です。
夕刻に遊ぶ子供も疎らな中、男の子の泣き声が聞こえてきたのです。
気になって向けた視線の先にいたのは、渕埼さんでした。
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]