忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 私を想ってくれているのだからと思っても、自分にそう言い聞かせていることに気づくと、急に嘘っぱちに見えてくるから不思議だ。
触れている時にだけ何かが繋がっている気になっているのを感じて、溝が深くなっている気がしていたのは私だけではないのかも知れないと、ぼんやり思った。

 どうして私たちは変わらずにいられないのだろう。
海はいつもと変わらずそこにあるのに。

PR
 ―――いつからこうなっていたのか。
 エンジンを止めて風に乱れた髪をかき上げる。
 ―――きっとそれは自覚するよりも前から感じていた違和感。
 運転席のシートを倒して身体を預ける。
 ―――考えたところで、今更でしかないのだけれど。
 夏の強い日差しが、青い空から降り注いで肌を刺した。

その電話は突然の事。
電話先の声は明るいのだけれど、何か不穏な空気を含んでいる様な気がするのは気の所為だろうか。
請われるままに頷き、客間を片付ける。
一体何に使うと言うのだろう。

そしてはたと気づく。

この部屋に友人が訪ねて来るのは、初めてではないかと。


※これまでのあらすじ(外部ブログ)
     

 

甲板のゴーストが一掃され、船内では戦いの音が響く。
チームの中で大きな怪我をされた方はなく、無事を確かめて胸を撫で下ろす。

亡者と踊り続けた空さんは、錆付いた手摺に身体を預け天を見上げていた。

25レベルになりましたので、詠唱兵器をオーダー致しました。

以下はメモ

休みの喧騒から少し離れた此処は、いつもと変わらず静かな時間が流れている。

変わったのは、私・・・。

「私で良ければ、この声が途切れるまで・・・」

微笑みながらも、涙が頬を伝う。彼が私の頬に腕を伸ばす。
涙が落ちる直前、それは淡い銀光を放つ羽蟲に変わり、彼の左肩に止まる。
その左肩からも羽蟲が現れ、2匹は共に窓の外へと飛び去った。

あれは、律の・・・。

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]