忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [48]  [47]  [46]  [45]  [49]  [44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「私で良ければ、この声が途切れるまで・・・」

微笑みながらも、涙が頬を伝う。彼が私の頬に腕を伸ばす。
涙が落ちる直前、それは淡い銀光を放つ羽蟲に変わり、彼の左肩に止まる。
その左肩からも羽蟲が現れ、2匹は共に窓の外へと飛び去った。

あれは、律の・・・。


(ありがとう・・・)

最後まで、見守っていてくれたのだろう。
そんな気がして、律に小さく礼を言う。

彼に向き直ると、目が合った。
右手を差し出すと、私の苗字を呼んだ。

「あやこと、お呼び下さい・・・」

差し出された手をとり、微笑む。
彩蟲は、律との思い出を忘れないために、名乗った名前。
本当の私の名は・・・。

「・・・彩虹」
「はい・・・寅靖、さん」

暖かな手の感触と少し照れたような微笑みに、穏やかな心地良さを感じて。
私は想い出を胸に仕舞い、彼の隣で共に歩もう。

満ちても、欠けても、常に空にある・・・月のように。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【歌】-月齢15 満月-〔IV〕
〔承前〕 翳の瞳から零れる、一筋の涙。 その頬に思わず手を伸ばしかけた時、俺の左肩が、淡く銀色の光を放った。 同時に、翳の頬を伝った涙は銀の粒となり。 やがてそれは、小さな羽根を持った白燐蟲へと変化した。 そのまま吸い寄せられるように、蟲が俺のもとにやって来る。 淡い光が収束し、白燐蟲がもう一匹、俺の肩口から姿を現した。 銀色に輝く蟲たちが、つがいの如く寄り添い、窓の外に向けて飛んでゆく。 俺と翳は、黙ったまま、その光景を眺めていた。...
URL 2007/08/02(Thu)13:33:03
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]