忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[51]  [50]  [48]  [47]  [46]  [45]  [49]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕度は終わっているのに、中々決心がつかなくて。
陽の当たるリビングで、律の写真と、一年前に買った指輪を目の前にして、色々な事を思い出していた。
辛かったことも、楽しかったことも、闇も、光も、寒さも、暖かさも。
この一年色々な事があって、私は流されるようにここまで歩いてきたけれど、この気持ちだけは、この言葉だけはきちんと伝えなければ。
そう決めたのに・・・。

漸く出た外は暑く、空気は揺らいでいた。


逢えなかったらどうしよう。
話をしてもらえなかったらどうしよう。
もし仮にしてもらえたとして、どうやってきりだそう。
そして、どんな言葉で伝えよう。

浮かんでは消えていく言葉は取り留めなく、形を取るには不十分だった。

けれどどんな言葉だとしても、受け入れられるとは思っていない。
気付いていながら目を逸らし、全てを聴かずに跳ね除けた。
彼に拒絶される事で、この気持ちを終わらせようとしている。
私は、卑怯だ・・・。
大きな門の前で立ち止まる。
改めて立つそこは威圧感を持って、私を拒んでるような気がした。

どれだけの間躊躇っていただろうか。
突然後ろからかけられた声に驚いて振り返る。

「どうして・・・ここに?」

そこには、何かを言いたそうな顔をした渕埼さんが立っていた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【歌】-月齢15 満月-〔I〕
夏の太陽が照りつける墓地。 正午を少し過ぎたばかりのこの時間、他に人の姿はなく、蝉の声ばかりがやけに響く。 じわりと汗が滲む気温の中、俺はとある墓を目指して歩いていた。 ひときわ立派な墓石に、『白馬家』の文字。 “白馬 律”――白馬 旋の兄であり、翳の婚約者であった人が眠る場所だ。 その墓石と向かい合うように、顔を上げて立ち。 物言わぬ“彼”の視線を通して、俺は自分を見つめ直そうとしていた。...
URL 2007/07/30(Mon)14:01:00
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]