忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[47]  [46]  [45]  [49]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「・・・戻ろう」

抱き締められたまま静かに言われる言葉に、ただ、頷いた。
一人で歩けるという言葉を無視して、私を抱き上げ歩き出す。
渕埼さんの顔を見上げる。

もし私が、今日と同じことをしたのなら、きっとまた彼は来るのだろう。


深みに身を沈めても、律の所へ行けないのは解っていた。
どんなにその姿を求めても、死んだ者には腕も声も届かない。
解ってはいるけれど、ふとした瞬間に感じる空白は耐え切れなかった。
それは、哀しくて、寂しくて、・・・寒くて。
律はどんな顔で微笑んでいたのか、どんな声で話していたのか、時が経つほどに蝕まれぼやけて忘れてしまいそうだった。
それが、律が私の元から離れていくような感じがして怖かった。
私の周りはあの夜の闇のまま、掠れゆく律の存在だけを辿り、それが私の世界の全てだと思い込ませて来たけれど。

渕埼さんという光が闇を照らしたから。

今私の腕の中に何も残っていないことを見てしまったから。
光が暖かいことを思い出してしまったから。
けれど、それもこれで最後。
家に着いたらその姿を見送って、学校で会っても何もなかったように振舞えば良い。
そして、その暖かさを少しずつ忘れていけば良い。
だから、今だけは、せめて・・・。

「・・・大丈夫か・・・」
「・・・ええ、大丈夫です」

自分に言い聞かせるように言って、ゆっくりと手を離す。
渕埼さんは「そうか」と答えて背を向け、数歩歩いて立ち止まる。

「――殴って、すまなかった・・・」

振り向かないまま言い終えた背中が遠くなる。

木洩れ日の中で共に過ごした、暖かい時間を思い出す。
穏やかな微笑を、力強い腕を、真っ直ぐな瞳を・・・。

大丈夫。私はまた、一人に戻るだけだ・・・。
ドレスから滴る雫が、地面に涙のようにシミを作った。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【海】-月齢10-〔後編〕
〔承前〕 どれだけの時間を、二人で立ち尽くしていただろう。 腰から下は海水に浸かり、上半身は潮の匂いを染み込ませて。 気温は決して低くはないはずなのに、腕の中の体温だけがどこまでも冷たい。 翳が、微かに身震いをするのがわかった。 「戻ろう……」 ようやく泣き止んだ翳の顔を眺め、控えめに声をかける。 無言で頷く様子からは、先に見せた激しさは欠片も感じられなかった。...
URL 2007/07/27(Fri)18:37:30
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]