忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[66]  [65]  [69]  [64]  [63]  [59]  [62]  [61]  [60]  [56]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その電話は突然の事。
電話先の声は明るいのだけれど、何か不穏な空気を含んでいる様な気がするのは気の所為だろうか。
請われるままに頷き、客間を片付ける。
一体何に使うと言うのだろう。

そしてはたと気づく。

この部屋に友人が訪ねて来るのは、初めてではないかと。


※これまでのあらすじ(外部ブログ)
     


それから数時間。
今私の目の前に居るのは、いつもどおりに着物を召されて微笑みを湛えた聖雪さん。
それから、着替えを済ませて遠い目をした流茶野さんと、寅靖さん。
その格好は、とてもピンクで、とても可愛らしくて、とてもフルーティなものだった。
目の前には広げられた地図と、大きなモンブランの乗っていた空の皿。それに紅茶。
作戦通りに捕獲されたお二人を見る限り、彼らは既に聖雪さんの掌の上なのだろう。

「機会は一度きりなのです。此処を逃すと次はないでしょう」

真剣な瞳の聖雪さんを見ながら、口は災いの元だとは良く言ったものだとしみじみ思う。
怒りの理由は既に聴いている。
もし私が同じ事を言われたならきっと同じように(行動には移さなくとも)怒るだろうと思ったからこそ、こうして着替えの場所を提供したのだ。
何故なら、乙女心はとても傷つきやすいのだから。
でも、このセレクトは・・・堪えきれず肩が震え、涙が出てくる。

「と、いう訳で。私はそろそろ参りますね。長い間お邪魔したのですよ」
「・・・いえ・・・どうぞ、此処まで来たら最後までやり遂げて下さいな」

語尾が震えるのを必死に隠しながら、最後の標的を捕獲に向かう聖雪さんと、お二人を見送る。

(・・・骨は、拾って差し上げますからね、皆様)

もしかしたら骨も残らないかも知れないけれどと思いながら、一人のリビングに戻る。
自然と目が行くのは、リビング横の客間。
そこに入って行く煤けた背中と、出て来た時の遠い目が思い起こされて、耐え切れず笑う。
それは堪えていた分容易に止める事は出来ず、次の笑いを引きずり出す。

声を上げて笑ったのはいつ以来だろう。
顎が疲れるくらいにたっぷり笑って、大きく息をつく。
外は既に宵闇が迫っている。
きっとここに戻って来る頃には、燃え尽きているに違いない。
晩御飯なんて上の空、魂が果てまで飛んで行った姿を想像して、また笑った。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
――地獄とは、生きることと見つけたり〔任侠騒動顛末記・T-Side〕
【背後より】 某所から発展したとんでもない事態を唐突にSS仕立てにしてみました。 これまでの経緯は、〔ここ〕や〔ここ〕や〔ここ〕を先にご覧いただけるとわかりやすいかと思います。 素晴らしくノリの良いキャラクター達とその背後さん達へ心から感謝を! 自分で蒔いた種、という言葉がある。 口は災いの元、という言葉もある。 思いつきと勢いのまま、鴬生ら三人を集め、黙示録で任侠チームを企画したのが俺なら。 立ち寄ったゴーストタウンで鴬生を見かけて、そのあまりに凄まじい戦いぶりに、つい軽口を...
URL 2007/11/17(Sat)19:00:32
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]