忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[65]  [69]  [64]  [63]  [59]  [62]  [61]  [60]  [56]  [58]  [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

甲板のゴーストが一掃され、船内では戦いの音が響く。
チームの中で大きな怪我をされた方はなく、無事を確かめて胸を撫で下ろす。

亡者と踊り続けた空さんは、錆付いた手摺に身体を預け天を見上げていた。


作戦が終了し船内のゴーストが倒され、新しいメガリスも手に入った。
私たちを乗せてきた船は港に戻り、私たちはまたいつもの場所に戻る。


土蜘蛛屋敷への突入の時、何か力になりたくて、空さんを通じてとあるチームに入った。
あの時の空さんは戦いに対して軽いのりではあったけれど、周囲の様子を見ようとしていたし、実際そう動いていたと思う。
今回はあの時よりも強い力を振るっていた事は間違いない。
でも、あんなに心此処に在らずな戦い方をするような方だっただろうか。
作戦が終了して帰還する時も、何処かぼうっとしたまま。
見ているようで何も見ていない瞳に、ただ天を映していた。

「・・・何か、あったのでしょうか」
「あいつが抱えているものは、俺にも正直見当がつかん。
 ・・・ただ、一つだけはっきりしていることがある。
 あいつは自ら深みに嵌って、しかも這い上がろうとは考えていない。
 本人に意思が無い以上、手を差し伸べるにも限界があるということだ」

けれど、その場所に居る時には、中々上を見ることはできない。
春先までの私がそうだったように。
自分の存在を確かめる事に精一杯で、それ以外の事は何も考えられない。
でもあの時の私と違って、空さんは今何も考えたくないのかも知れない。

「・・・辰巳さんは、きっともっと歯痒いんでしょうね」

頷く寅靖さんにも、苦々しい表情が浮かぶ。
全ては憶測で、確かめる術もないけれど、心配ではあった。

重くなる空気を断ち切るように席を離れ、お茶を淹れる。
リビングに戻ると、寅靖さんがソファに肘をついて転寝をしていた。
チームは作戦通りに動いて居たけれど、責任感からくる疲れは免れない。
ブランケットをかけて、寝顔を見る。
もし空さんに助けを求められたのなら、すぐに助けに行こう。

でも今は皆が、寅靖さんが、無事に帰って来られた事を噛み締めたい。
この寝顔を再び見られた事に、喜びと感謝を・・・。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]