忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[62]  [61]  [60]  [56]  [58]  [57]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その日は風が強かった。
雲がとても速く流れて、徐々に青空を隠していく。

雨はまだ降りそうもないが、それも時間の問題だろう。

「あー・・・」

後ろから強風に吹かれて、髪はぐちゃぐちゃ。
俺とした事が櫛を忘れてくるなんて、ついてない。


足は光庭に向かう。

この天気だ。
あいつらはきっと居ないだろう。
案の定、居たのは深都貴だけだった。

「それにしても 見事に逆立ってるけど、外 風まだ酷いのね」

貸してもらった鏡と櫛で髪を整えてる間に、インスタントコーヒーを淹れてもらう。
紅茶セットはあるが、コーヒーを淹れる道具は今の光庭にはない。
買うならカンパするという深都貴の提案に乗る形で、買いに行くことを決めた。

「紅茶と珈琲なら、私も珈琲の方が好みね」
「・・・コーヒー党結成できそうじゃね?」

ふと口をついた言葉に、愉快そうに乗ってくる。

「じゃあ 旋センパイは党首ね、詳しいし」

そう言って笑う仕草に微笑み返すのも束の間、稲光が俺たちを照らした。
深都貴の口から悲鳴が上がる。どうやら雷が駄目らしい。
ついに降り出した雨。
自宅からの迎えを待ちながら深都貴を抱き寄せ、安心させるように背中を叩く。
腕の中、誰にも言わないでと必死に言う様子が、可愛らしくて。
けれどそんな事を言ったら機嫌を損ねるのは間違いなく、俺は苦笑しながら口を閉ざした。

運転手から連絡が入る。
深都貴の分も荷物を持ち、その手を引いて車に迎える。
雨は走る車を激しく打ちつけたが、家の前につく頃にはすっかり上がっていた。
既に落ち着きを取り戻した深都貴を送り届けて、改めて後部座席に身を沈める。
思考はもう、休日のプランを練っている。

久しぶりに休日が楽しみになってきた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]