忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

凪いでいた。
あの日から悩み続けて居る胸のうちが、嘘のように静かだった。

今なら、迷わずにいけるかも知れない・・・。

ふとそんな気持ちになって、私は家をでる。

PR

タスケテ・・・たすけて・・・助けて・・・。
僕の、あやを・・・。
・・・今のあやに、僕の声は届かない。
あやを止められるのは、君だけ・・・。

お願い・・・。
はやく、早く・・・あの海まで・・・。

・・・僕が死んだ、あの海まで。

あのあと、大丈夫だと言って白馬の家からこの部屋に帰ってきた。
この4日間、ただ学校と部屋の往復をして、渕埼さんの容態を見に行く訳でもなく。
そして、私は思考を放棄した。
律を忘れたのではなくて、ただ目の前の人を助けたに過ぎないと自分に言い聞かせて。

その意識が途切れると、途端に自分の胸の内を問いただしてしまうから。

リビングのカーテンを開ける。
月光が部屋に浸みていく。
月は、上弦・・・。

気付けば夜は明けていた。
私は風呂場ではなく、ベッドの上に居る。
昨晩私はあのまま気を失ったらしく、旋さんが部屋まで運んでくれたらしい。

・・・もう、血の匂いはしなかった。

夢の中で伸ばす腕。
それはいつでも届くことはなく。
私の目の前では律が倒れ、辺りを血の赤がじわじわと侵蝕して行く。

幾度伸ばしても届かない腕に、私は諦めていたのかも知れない。
本当に大事なものは、どのようにしてでも掴まなければならないのに。
今更気付いても、もう、遅い・・・。

・・・私は弱い。
その弱さで、私は取り返しの付かない間違いを犯した。
過去に縋り、決断することに怯え、その事から目をそむけ続けてきた罰。

あの木洩れ日の時間は、きっと、もう戻らない・・・。

夢の中で、幾度となくゴーストに向かっていく律。
止めようと何度も手を伸ばしたけれど、届くことはなかった。
でも、私は何故あんなにも必死になって腕を伸ばしたのだろう。

ゴーストに向かっていく律の背中に、一人置いてけぼりにされた気がしたのだろうか・・・。

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]