忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これで、良い・・・。
これで、終わらせることが出来る。
これで、一人で立つ決心がつく。

「俺はずっと、君と正面から向き合うことなく逃げてきた。
 一番大切なことから、目を逸らして……君を、随分と傷つけた」

こんな時でも、彼の言葉は優しい。

PR

招き入れられた部屋は、客間らしく簡素で。
渕埼さんが戻るまでの間、余計なことを考える余裕もなかった。
結局切り出す言葉が決まらぬまま、私は彼と対峙する。

しばしの沈黙の後、口を開いたのは同時で。
私は促されるままに、話し始める。

仕度は終わっているのに、中々決心がつかなくて。
陽の当たるリビングで、律の写真と、一年前に買った指輪を目の前にして、色々な事を思い出していた。
辛かったことも、楽しかったことも、闇も、光も、寒さも、暖かさも。
この一年色々な事があって、私は流されるようにここまで歩いてきたけれど、この気持ちだけは、この言葉だけはきちんと伝えなければ。
そう決めたのに・・・。

漸く出た外は暑く、空気は揺らいでいた。

渕埼さんは、私の空白を光のように照らし暖めてくれた。
共に過ごした時間で、私はどれだけ寒さを忘れていられただろうか。

今日は律の一周忌の法要。
話をするには、良い機会だろう。

あの時掴んだ手を離したくないと思った。
だから彼のことで泣くのはもう最後だと決めた。
しかし忘れようと決めた途端に、気持ちが大きくなっているのも事実だった。

足は自然とあの場所に向かう。
先日供えた花は暑さに干からびて、既にその花びらを散らせている。
あの時と同じ場所に立っても、今は何も感じない・・・。
決して律を忘れた訳ではないけれど、今はそれほど焦がれては居ない。
あの海の夜が凪だと思ったけれど、きっと違うのだろう。

今の方がよほど、凪いでいる。

「・・・戻ろう」

抱き締められたまま静かに言われる言葉に、ただ、頷いた。
一人で歩けるという言葉を無視して、私を抱き上げ歩き出す。
渕埼さんの顔を見上げる。

もし私が、今日と同じことをしたのなら、きっとまた彼は来るのだろう。

一歩ずつ踏み出す。
夜の海は昼間の暖かさを含んでまとわり付く。
ドレスが海水を含んで重たくなっていく。

後ろで呼ぶ声が聞こえた。

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]