忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPBW【シルバーレイン】に参加してるキャラクターが書き散らし気味に展開中。
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

弔事は滞りなく進み、骨だけになった律を納めようとした時だった。
思ったよりも軽くなった律の眼孔と目が合った、と同時に反射した太陽光が目に入った。
きらりと煌めいた光で目の奥に痛みを感じたけれど、まだ手伝うことは山と残っている。
私はそのまま一日過ごし、漸く眠りについたのは夜中だった。

夢の中では私はあの日をもう一度やり直している。
朝一番でジュエリーショップに指輪を取りに行き、クリスマスに着るはずだった白いドレスのデザインを選び、採寸をする。
律の用意してくれた特別な夕食を楽しんで、白馬の家の近くでタクシーを降りて、波の音と星明りを共に他愛のない会話をする。
あの日のとおりなら、律は車に跳ね飛ばされ、私は一緒に救急車に乗るはず・・・だった。

帰宅の途についた所までは同じだ。
けれど、律を跳ね飛ばしたのは車などではなかった。
今まで見たこともない、大きな獣のようなもの。
私が車のランプだと思っていたのは、それの光る目だったのだ。
律は同じタイミングで私の横を走っていく。
律はいつの間にかフルートを握り締めていて、それに向かっていく
けれどそれの体当たりに飛ばされ、それはそのまま闇へ消えていく。
足元へ目を転じると、向くはずのない方向へ首を向け、倒れた律。
あの時と同じように、夢中で律の顔に顔を近づける。
あの時、律の口からは息が漏れるだけで、囁く様に動く唇からは何も聞こえなかった。

「大丈夫・・・? 良か・・・った・・・」

耳に届かなかった言葉は、代わりに頭の中に直接響いた。


「いやあぁぁーー・・・っ!!」
自分の悲鳴で、目が覚めた。
両親が心配して様子を見に来たが、大丈夫だと言って部屋から追い出した。
目を瞑ると血まみれで微笑む律の顔がちらついて、結局朝まで眠ることができなかった。
朝の光が差し込む部屋で何気なく見た鏡に映っていたのは、肌の色が幾分青白くなり目の色が抜けた私の姿だった。


あれから何度この夢を見ただろうか。
同じところで私は悲鳴を上げる。
夢に慣れた私は、悲鳴を飲み込む術を覚えた。

けれど何度伸ばしても、走る律の背中に、腕は届かない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
翳 彩蟲(b03631)
【かすみ・あやこ】
8月3日生・卒業生

婚約者の力を受け継ぎ覚醒
声楽家を目指していた
高2の2学期から転入
音楽系のある某女子大に進学

Butterfly's Dreams
紅乃 空(b04338)
【こうの・そら】
2月1日生・卒業生

とある研究所で育つ
実験と"仕事"をしてきた
高校から入学
聖杯戦争にて没

Crimson Sky
白馬 旋(b14842)
【おうま・めぐる】
3月27日生・卒業生

死んだ兄の力を受け継ぎ覚醒
楽器職人を目指していた
高校から入学
県内有名私立で経営学を学んでいる

Hydrangea Crown
+Comment+
[06/17 真珠]
[03/08 旋]
[03/02 圭]
[03/01 旋]
[03/01 寅靖]
+Search+
忍者ブログ [PR]